生活習慣病予防

抗酸化物質として知られるローヤルゼリー

ローヤルゼリーはたくさんの成分が含まれていて、体に非常に効果的です。
その中の成分の一つにペプチドがあります。
ペプチドの特徴は、抗酸化作用があることです。

抗酸化作用とは、体を酸性に傾けないように助けるものです。
どうして酸化してしまうかというと、体は活性酸素を作り出します。
活性酸素は私たちの体にとって必要なものです。

しかし、これが発生しすぎると、体に悪い影響を及ぼします。
野菜とかでもそうですが、一度包丁を入れてラップもせずにそのままにしておくとどうなるでしょうか。
変色して予定より早くいたんでしまいます。

これが酸化です。
肌や、体内も同じです。
活性酸素が増えると、体に害を加えます。

それが老化、疲れを促進させる元になっているのです。
ですから、この活性酸素を抑えることが非常に大切なことになってきます。
ローヤルゼリーに含まれるデセン酸はこの抗酸化作用の働きを期待できるので、体が老化するのを防いでくれます。

ですから疲れにくい、また病気にかかりにくくなるのです。
更に肌も一緒です。
錆びないことで、シワ、シミ、メラニンの発生を防ぐ効果を期待することができます。
ローヤルゼリーで老化、有害物質の増加を防ぐことができます。

このページの先頭へ